FXで勝つ確率を少しでも上げる為に「トレードシナリオ」を考えて「チャートパターン」でエントリーする癖をつけよう!

FXではトレードシナリオを考える事が大切!

FXの相場では大衆心理で動いているチャートを読むことが重要です!
相場の動きがどうなるのかなんて誰にも分からないのですが、少なからずこのラインまで動いたら買いが入りやすい、売りが入りやすいという事は確実にチャートを見ていたら分かってくると思います。

特にサポートラインレジスタンスラインのような誰もが意識するところでは、チャートの動きをある程度予測することができます。
このような特徴を利用して「トレードシナリオ」を考えてトレードをすると自分のトレードルールなども固まってきます。

トレードシナリオは、ラインを引いたレジサポ付近でどのように動いていくかをあらかじめ予想して考えておく方法がオススメです!
1時間足や4時間足などの比較的長めの時間軸チャートを見てトレンドを確認し、売りと買いのどちらでエントリーするかが定まったら、レジサポのラインまでエントリーを待ちラインブレイクするかラインで反発するかを見極めてエントリーしていきます。
基本的には押し目買い戻り売り逆張りなど、ほとんどのエントリーポイントでシナリオを考えてトレードをします。
ラインを引けないような中途半端な位置からエントリーするのは避けることが大切です。
買いでも売りでも確実に意識されるラインまで待って、レジサポのラインブレイクか反転を狙ったシナリオを考えましょう!

トレードシナリオを考えておくメリット

トレードシナリオを先に考えておく事のメリットは、シナリオを考えておく事でこうなったらどうするという迷いが無くなり無駄なトレードを防いでくれます。
この無駄なトレードで資金を削られていくのがFXの世界なので、これが本当に大事になってきます。
特に損切りラインの位置もここを超えたらという場所を先に冷静な判断で設定できるので、シナリオと逆の展開になっても諦めがつきやすいです。
シナリオを考えずにとっさにエントリーしてしまうと、どうしても損切りラインを中途半端な位置においてしまって狩られてから思っていた方向に動いてしまうとメンタルにも影響されやすくなります。

チャートパターンでエントリー!

レジサポ付近でのエントリーを徹底してトレードシナリオを考えていくと、チャートパターンのようなモノが少し分かってきます。
絶対にこういう動きをするというモノではないのですが、レジサポあたりでローソク足や移動平均線などを見ているとチャートの癖のようなモノがあり、上か下かの確率が自分の中で少し変わってきます。
分かりやすい例で言うと、ラインブレイクをした後にブレイクした根元付近まで一度戻ってきてからブレイクした方向に大きく走っていきやすい事や、ラインブレイクする時はカップアンドハンドルのパターンになりやすい事、75日などの中長期の移動平均線では少なからず反発がある事などです。
こういったチャートのパターントレードシナリオを合わせて考えると、負けにくいところからエントリーできて損切りラインも浅く設定できるので勝つ確率が上がってくると思います。
相場には絶対がないのでシナリオやパターンとは違う展開になることもありますが、少しでも勝つ確率が高くなるところで根拠のあるエントリーをこなしていきましょう!